Collection

Sun     Green

<<     STORY 06     >>


Sunrise, Sunset


STORY 06

「またきょうがはじまる。」
サファイアブルーとシトラスオレンジの朝焼けのなか
しょうねんはねぼけまなこでぼんやりとかんがえました。
たいようはおはようっていって、しょうねんにありったけのひかりをくれます。
き、はな、そら、ぜんぶにも、わけへだてなく。
 
「もしかして、にじにあったことある?」
しょうねんはたいようにきいてみました。
 
たいようはへんじをするかわりに、ぐんぐんのぼってあっというまにてっぺんに。
そのあいだ、しょうねんはすっかりあるいて、おなかがすいて、たべて、またあるきつづけます。
そうしてまた、しょうねんのせよりひくくなったたいようは、ねるじゅんびをはじめます。
 
「ね、もしかして、にじにあったことある?」
もういちどきいてみました。
「あるよ。まいにちここにいるからね。つづきはまたあした。」
 
いつもたいようはおはようをいって、おやすみをいう。
たまにくもやあめでみえないときもあるけど、でもたいようはまいにちそうしてる。
くりかえしていく。きょうがきのうになって、あしたがきょうになって。
いつかにじにあえるまで。あえたとしてもそのさきもかわらずに。
「おつかれさま。またあした。」


Sunrise series

STORY 06 「Sunrise, Sunset」というタイトルからインスパイアされ、Sunriseをイメージしてデザインしました。
LiniEの定番、戦前の技法である"シングルカット”のダイヤモンドが1石、太陽が輝くようにセッティングされています。

Sunset series

STORY 06 「Sunrise, Sunset」というタイトルからインスパイアされ、Sunsetをイメージしてデザインしました。
LiniEの定番、戦前の技法である"シングルカット”のダイヤモンドが1石、LiniEオリジナルの5本爪に、水平線に太陽が沈むようにセッティングされています。

Goes on series

「Sunrise, Sunset」というタイトルからインスパイアされ、太陽が出て、沈む。毎日が繰り返す。
といったことを小さなサークルが上下することにより表現したシリーズです。